更年期障害は中高年に現れる症状|ホルモンバランスを整え症状緩和

看護師

中高年に多く発症します

女性

ホルモンの不調が原因です

中高年に発症する更年期障害には頭痛、肩こり、腰痛といった日頃からよく経験する症状から、肌のほてり、肌荒れ、発汗、手足の冷えなど、個人によって症状に差が出るものもあります。程度が重くなると睡眠障害や食欲不振が積み重なり、抑うつ状態からうつ病を発症する人もいます。更年期障害はホルモンバランスが崩れ始める40代から徐々に発症していきます。日々の忙しさの中でこなせていた仕事に無理を感じたり、体力が急激に落ちたと感じるようになります。不調の期間が数日続いたと思ったら、調子の良い期間もあり、ホルモンバランスによってムラがある人もいます。更年期障害の初期の段階では体調に振り回されずに、日頃からストレスを溜めにくい環境を整えていきましょう。

婦人科へ相談しよう

更年期障害の原因は大きく二つあります。一つは卵巣機能が低下から起こる女性ホルモンの減少にあります。女性ホルモンが崩れていくと月経不順や閉経後の不正出血などが起こります。膀胱や周辺の器官が萎縮して頻尿や尿失禁に悩む人もいます。もう一つの原因に、長年培ってきた体質や性格など、自分の環境からくるものがあります。生真面目で、確認しないと気が済まない性格の人は、少しの変化にも反応しやすく、さまざまな症状に対して過敏に反応します。逆に生理痛が少なく、卵巣機能の変化に負担を感じにくい体質もあります。日頃から過剰に意識してしまうとイライラ感が募ったり不安感が大きくなるため、精神的な症状を治療しなければなりません。婦人科では日頃から相談窓口があるため、適齢期に近づいたら相談してみるのも良いでしょう。

自分の体を誰に委ねるか

病棟

病気になると、技術の高い医師が在籍している医療施設を探したくなるものです。いざ探すとなると、何を基準に選択したら良いのか困ってしまいます。その時は、口コミや体験談などが記載されている病院検索サイトを利用してみると良いでしょう。耳寄りな情報から酷評まで情報があり参考にすることができます。

読んでみよう

腰の痛みを診察

女性

行徳の地域に根付いた医療を提供する取り組みが加速しており、慢性化しやすい腰痛に対しても連携によるサポートが注目されています。新しい治療や機器を導入し、患者の痛みを速やかに和らげる診察が評価されています。

読んでみよう

腹痛のときの対処

医者

腹痛になってしまったときには、自己判断をせずに必ず内科を受診するようにしましょう。伊丹には複数の内科がありますので、インターネットに掲載されているクチコミ情報などを参考にして病院選びをすることをおすすめします。

読んでみよう